とにかくこのポイント。草がものすごい。すぐそこが滑走路だと思うのだが、滑走路がぜんぜん見えない。 ぼくの頭上を通過した飛行機は、やがて草むらに隠れてしまう。心配して見ていると、やがて逆噴射の ゴォーッとした音が聞こえてきて、ぼくは安心するのだ。

新千歳空港


copyright(c) Shusaku Noda. All Right Reserved.