大迫力の着陸シーン。遠くからライトが見えてきて早くも3分経過。管制塔からのウィンドチェックに 「サンキュー」と答えてから、飛行機はぼくにさらに近づいてくる。その動きはぼくに近づくほどに 早くなり、そしてあっという間にぼくの頭上を通過して行った。

新千歳空港


copyright(c) Shusaku Noda. All Right Reserved.