ここでも出逢えた。愛すべきF50である。名古屋へ向けて頑張って飛び立っていった。 ちなみに中日本エアラインサービスがセントラルエアに名を変えた今、このF50の 活躍する時間も、もうそう長くはないのだろう。それまで、精一杯飛んでほしい。
ちなみに、何でコールサイン「アリスエア」なんですかねぇ? うーん、謎……。
松山空港


copyright(c) Shusaku Noda. All Right Reserved.