上総鶴舞駅
朝日に鈍く輝く車体。鈍いディーゼル音。郷愁を誘う列車はゆっくりと上総鶴舞を後にした。 駅には再び静寂が訪れた。



 小湊鐡道
copyright(c) Shusaku Noda. All Right Reserved.