八木蒔〜桃浦

この踏切での撮影は、昨秋9月以来である。その時は快晴だったが、今日はベタ曇り。それが何ともいえず寂しげで、 走る列車自身も、もうまもなく自分たちの役目が終わることを認識しているようだった。

かしてつ
寂梅紀


copyright(c) Shusaku Noda. All Right Reserved.