八木蒔〜桃浦

先ほどの踏切から少し歩くと、梅の花が咲く一帯に出た。曇天なのが悔やまれるが、梅は静かな花。 派手さはないが、心休まる光景がそこにはあった。やって来たのが金太郎というのもいいではないか。

かしてつ
寂梅紀


copyright(c) Shusaku Noda. All Right Reserved.