浜〜八木蒔

赤い金太郎号を撮影できたのは今回が初めてである。そしてこれが最期であろう。もっと早くから この鉄道の魅力に気づいておくべきだった。何でもない田舎の路線は、今、愛すべき路線となった。

かしてつ
寂梅紀


copyright(c) Shusaku Noda. All Right Reserved.