桃浦〜小川高校下

線路端の一本の木。ようやく晴れてきた西日を浴びて、列車がその横を駆け抜けていく。 ここ桃浦は桜の名所。でも、桜が咲く頃、もう列車はやってこない。

かしてつ
寂梅紀


copyright(c) Shusaku Noda. All Right Reserved.