南米沢〜西米沢
体をひねりながら猛然とかけてくる様には、古さのかけらもない。そこにあるのは孤高の美しさ。 老兵は死なず。その言葉を思い出す。



  米坂雪中鉄路
copyright(c) Shusaku Noda. All Right Reserved.